二回法手術によるインプラント手術

バナー

二回法手術によるインプラント手術

インプラント治療は手術によって行うことになりますが、人によって一回の手術で終わる場合と、二回に分けて手術を行う場合の2つのパターンがあります。


そこで、インプラントの手術には、あごの骨に埋め込む人工歯根と失った歯の代わりとなる人工歯、さらにインプラントと上部構造をつなぐ役割のあるアバットメントという3つの部品が必要になってきます。
ですから、手術を行う場合は、歯茎を切って、あごの骨に接触する手術になってきます。

T-SITEはとても評判が良いです。

二回法で手術を行う場合は、まず一回目の手術でインプラントをあごの骨に埋め込んで、さらに歯茎を一度閉じて、骨が結合するまでそのままの状態にしておきます。

二回目の手術に関しては、アバットメントの連結を起きない、人工歯作製のための治療へと進んでいきます。

この二回法による手術のメリットとしては、あごの骨とインプラントが確実に固定してから行うので、感染のリスクを最小限に抑えることができるというメリットがあります。


特に、あごの骨の増設手術も行う人や全身疾患があって、感染のリスクが高い人には向いている手術方法であるということがいえます。


また、より見た目をよくしたいという理由で二回法を選択する人もいます。

渋谷のインプラント情報を楽しくお得に利用しましょう。

ただし、二回法は人工歯が埋め込まれるまで工程が一回法に比べるとやや複雑になってくるので、費用については一回法よりも高くなることが予想されます。
また、治療期間もどうしても長くなってしまいますから、そういった面も比較しながら検討していくことが大事になってきます。